クロスロードツアーズ

≈≈ 旅は記憶の財産 ≈≈

クロスロードツアーズは「旅は記憶の財産」を理念として、記憶という宝石箱に入れる素敵な旅の思い出作りをお手伝いしています。

♠羽田 ♠成田 ♠および日本の地方都市から出発!

フレンチリバー

フレンチリバー夏イメージ 写真提供:大阪府吹田市在住 S.K様

ウッドアイランズ灯台

ウッドアイランズ灯台

  プリンスエドワード島は世界じゅうでいちばんきれいなところだっていつも聞いていましたから、自分がそこに住んでいるところをよく想像していましたけれど、まさかほんとうにそうなるなんて夢にも思わなかったわ。想像していたことがほんとうになるって、うれしいことじゃない?-- 村岡花子訳 赤毛のアン --

≈ お知らせ・最新情報 ≈

 「エアカナダは9月末まで成田~バンクーバー便が週5便で運航中。すべての外国人はカナダ入国後、14日間の自己隔離が求められます。

赤毛のアンをドラマ化!「アンという名の少女」全8回 9月13日(日)よりNHK総合にて毎週日曜23:00~放送

COVID-19の収束が見通せず、残念ながら10月31日までのすべてのツアーを中止致しました。

外務省の危険情報:カナダはレベル3(渡航は止めて下さい)継続中。
プリンスエドワード島でのコロナ感染情報(9月04日現在): 島内ではこれまで延べ47名が感染。内44名が回復済。
PEIの観光情報:グリーンゲイブルスは入館可能。赤毛のアンミュージカルは今シーズンはすべて休演。

♦燃油サーチャージのお知らせ♦  2020年10月~2020年11月発券まで燃油サーチャージは0円です。次は12月に改定されます。

♦重要なお知らせ♦  カナダに空路で入国する場合、電子渡航認証(eTA)の事前取得が必要です。詳しくはこちら

赤毛のアングリーンゲイブルス

プリンスエドワード島旅行・ツアー専門店 「クロスロードツアーズ」へようこそ!

  あの小説「赤毛のアン」の世界へ行ってみませんか?
  プリンスエドワード島に精通した旅のコンシェルジュが、皆様をひとり旅からグループツアーまで、ご希望に合わせてお見積り、お手配致します。

  アヴォンリーのイメージにぴったりのキャベンディッシュ。当時の面影を残す田園風景、四季折々の美しい自然やグリーンゲイブルスなどの史跡を巡りながら世界一美しい島で、アンと同じ風を感じてみて下さい。

帰国後の自宅まで「手荷物宅配無料クーポン」
おひとり様1枚進呈!スーツケース1個30㎏以内
弊社ホームページ上のパッケージツアーにご参加が条件  

 

ここが違う! 初めての方やシニア世代にもやさしい  クロスロードの♥『4大特典』♠

(1) 電子渡航認証(eTA)を無料で代行申請!
♦空路でカナダ入国の際、必要です。eTAの申請は英語のサイトで行いますので
不慣れなお客様へうれしいサービス!(申請料7ドルは別途必要です)
(2) これで安心!モントリオール ・ トロント空港の入国・乗継案内を進呈!
♦過去にご参加いただいたお客様から大好評!
空港ののりつの不安を解消する添乗員いらずの便利なマニュアルです。
(往路・復路オールカラー全6ページ)
(3) COW`Sのアイスクリームクーポン
♦カナダで最も愛されるアイスクリームチェーンの「COW`S」は
シャーロットタウンが本店です。シングルコーンのクーポン1枚プレゼント!
(4) 70歳以上の方は空港ラウンジ利用を無料に!
♦トロント・モントリオール空港内のラウンジ利用料を全額負担致します。(一部コースを除く)
(復路のみ 2時間まで)
軽食ビュッフェ・アルコール・ソフトドリンク・WIFI利用無料
♦70歳未満の同行者は3,000円でお手配致します。(要予約) (正価は43米ドル 約4,800円)

♦ツアーご参加が条件となります。航空券・オプショナルツアーのみは対象外

COW`Sのアイスクリーム

トロント空港イメージ

 

【COW`Sのアイスクリーム】 【トロント空港の乗り継ぎ】(イメージ)


プリンスエドワード島 特選人気ツアー  一部抜粋

人気のB&Bにステイ! ザ・ハーバーハウス 5日間
感動!好立地 シャーロットタウンで人気の B&B 【 ザ・ハーバーハウス 】
毎朝食&「 赤毛のアンツアー」付   州都シャーロットタウン 5日間 ≪ スタンダード ≫
164,800円~279,800円  燃油サーチャージ・諸税別  ( 2020年4月~11月 )
準備中
2名様以上で催行
♦ツアーの詳細を見る
キャベンディッシュ&シャーロットタウン 6日間
赤毛のアンの世界が広がる! 憧れの【 キンドレッドスピリッツ 】にステイ  ディナー1回付 
『 赤毛のアンツアー 』付   シャーロットタウンも素敵なB&B 6日間 ≪ デラックス ≫
189,800円~309,800円  燃油サーチャージ・諸税別  ( 2020年5月~10月 )
準備中
2名様以上で催行
♦ツアーの詳細を見る
大人気!プリンスエドワード島 & ナイアガラ 7日間
『 シャーロットタウン 』&『 豪快!ナイアガラ 』  大人気ロングランツアー  ≪ スタンダード ≫
【 アンツアー 】 【 人気のB&Bにステイ 】 【 ナイアガラでは滝側のお部屋 】
222,800円~349,800円  燃油サーチャージ・諸税別  ( 2020年4月~11月 )
準備中
2名様以上で催行
♦ツアーの詳細を見る
プリンスエドワード島 & モントリオール・高原観光 7日間
世界で最も美しい島!   プリンスエドワード島 & フレンチの香りする都会 『 モントリオール 』
「赤毛のアンツアー」  ・森と湖の美しいローレンシャン高原 • トレンブランビレッジ観光付
252,800円~347,800円  燃油サーチャージ・諸税別  ( 2020年5月~10月 )
準備中
2名様以上で催行
♦ツアーの詳細を見る
プリンスエドワード島 &  東部メープル街道 8日間
【 プリンスエドワード島 】 北米のパリ 【 モントリオール 】 世界遺産 【 ケベックシティ 】
 長距離バスとVIA鉄道でメープル街道を走る!  フレンチの香りを訪ねて  東部カナダの旅
307,800円~402,800円  燃油サーチャージ・諸税別  ( 2020年4月~11月 )
準備中
2名様以上で催行
♦ツアーの詳細を見る
語学学校で英語クラス受講 & ホームステイ 9日間
シャーロットタウンの語学学校スタディアブロードカナダで【 集中英語プログラム5日間受講 】  
  & ホームステイ 【 赤毛のアンツアー付 】   プリンスエドワード島の学校で世界の友達を作ろう!
239,800円~359,800円  燃油サーチャージ・諸税別  ( 2020年4月~12月 )
準備中
ひとり旅
ホームステイ
♦ツアーの詳細を見る

行きたいツアーを探そう!ツアー情報ページはこちら
  ベストセラー・ビジネスクラス・ひとり旅など全36コースを満載!

世界で一番美しい島プリンスエドワード島

  3月後半になると雪解けを迎えます。4月後半から春の息吹が芽生え、草花が咲き始めます。6月中旬にはルピナスが美しく島内のあちこちで一面に咲き乱れ、7月には美しい深緑の短い夏を迎えます。さわやかで心地よい8月、涼しい9月の後は美しい紅葉がみられる10月中旬。そしてキャベンディッシュからは観光客の足が途絶え、冬仕度が始まります。
 そんなプリンスエドワード島の大自然の中で、アンと同じ風を感じてみませんか?写真提供:東京都八王子市在住 K.Y様

フレンチリバーの女の子

ホテルはカナディアンB&Bにこだわります。

  B&B(ベッド&ブレックファスト)に是非お泊り下さい。クロスロードツアーズがおすすめする伝統的なカナダのB&Bは、こじんまりとした邸宅風の宿で、市の中心や閑静な住宅地の中にあり、ショッピングや市内観光には徒歩で行けるので便利。
 朝食はアットホームな雰囲気のダイニングルームでいただきます。アンの時代から続くカナダの伝統的な習慣の中でプリンスエドワード島の滞在をお楽しみ下さい。 写真:大人気のB&B「ザ・ハーバーハウス」

B&Bザ・ハーバーハウス

PEI & 他都市ツアー アレンジプラン

  プリンスエドワード島と他の都市や観光地を組み合わせるアレンジ手配もできます。
人気No.1は「ナイアガラ」。秋の紅葉で有名な「ローレンシャン」観光とモントリオール、ケベックシティなどのメープル街道やカナディアンロッキー、東海岸のハリファックスなど。
  また米国ニューヨークやボストンなどの都市との組み合わせも人気です。  ハネムーンや現地ウェディングもおまかせ下さい。

プリンスエドワード島へはエアカナダで!

 プリンスエドワード島へはエアカナダが便利です。羽田・成田からトロント・モントリオールまで毎日1便運航。約12時間の旅です。トロント乗り換えシャーロットタウンへは約2時間余りで到着。モントリオールからは1時間半。
♦ ゆったりシートで好評のプレミアムエコノミー、極上の空の旅が味わえるビジネスクラスなどもお手配可!

日本の各地からの出発も可能です。(エコノミークラス)
大阪発着0円 ・ 名古屋発着0円 ・  福岡・沖縄発着15000円
  その他、日本全国の空港発着も割引航空券がございます。 詳しくはお問い合わせ下さい。
♥『エアカナダからのお知らせ』♥

♦2020年8月31日まで、成田~バンクーバー便が週5便で運航中。羽田~トロント便、成田~モントリオール便がそれぞれ運休。  
  成田~カルガリー便、および関空~バンクーバー便も 夏季期間中運休です。  

聞いててよかった!知って得する現地情報

ロブスターロール

プリンスエドワード島の名物料理 
ロブスターロール(イメージ)

 プリンスエドワード島といえば何といってもシーフード、とりわけロブスターですよね。ロブスター漁が解禁されるのは例年5月1日。6月末までと、8月から10月にかけて収穫されます。
 そこでおすすめなのが、そのロブスターを使ったロブスターロールです。ホットドッグのパンにプリンスエドワード島で取れたロブスターのフレークをマヨネーズであえてサラダに散りばめたバーガーです。一度食べたら病みつきになる絶品。 おいしいと評判のお店が、シャーロットタウンのダウンタウンVictoria Rowにある「Row House Steak & Lobster」20ドル(税別)

モンゴメリーパーク

キャベンディッシュにあるモンゴメリ像

 キャベンディッシュ村は、日本でもおなじみ、小説「赤毛のアン」の作者ルーシー・モード・モンゴメリの故郷です。1874年、プリンスエドワード島の北部にある片田舎ニューロンドンに生まれ、幼い頃、キャベンディッシュ村の親戚に引き取られて育ちました。そのキャベンディッシュ村は小説の中でアボンリーのモデルとして描かれています。モンゴメリにとってはそれだけ愛着のある村と言えるでしょう。
 彼女のお墓があるキャベンディッシュ墓地から徒歩10分程度南にある「モンゴメリー公園(Montgomery Park)」の中に銅像があります。隣に座って記念撮影もできますよ。グリーンゲイブルスのお化けの森からもアクセスできます。

コンビニエンスストア

シャーロットタウンのコンビニエンスストア

 シャーロットタウンはプリンスエドワード島の州都でありながら静かな街で、繁華街などはなく、お店も夕方にはすべて閉まってしまいます。そんな時、重宝するのがコンビニですね。こちらはダウンタウンにある唯一のコンビニエンスストアです。ダウンタウンの中心、キングストリートとクイーンストリートの交差点にあり、旅行者にとっては何かと便利なお店です。
食料品、ドラッグ、飲料などが手に入ります。

「Downtown Convenience and Laundromat」

 営業時間(予告なく変更されます)

  • 月~木:07:00~22:00
  • 金:07:00~23:00
  • 土:08:00~23:00
  • 日:08:00~22:00
ファーマーズマーケット

シャーロットタウン郊外にある 
ファーマーズマーケット(Farmer`s Market)

 シャーロットタウンのダウンタウンからバスで10分ほど。プリンスエドワード島大学の近くにあり土曜の午前中には地元の人で大賑わいです。採れたて野菜や鮮魚、スイーツや小物雑貨までスーパーとは違った生産者直売のマーケットで飲食コーナーもあり、市民の憩いの場所にもなっています。

「Charlottetown Famers Market」

【アクセス】
街の中心 「コンフェデレーションセンター」の北側のバス停から「Ckarlottetwon Mall」行きバスに乗車。「Indigo」で下車。進行方向に見える交差点を右折して徒歩5分程度です。運賃は片道2ドル。 30分に1本運行しています。
【営業日と時間】
土曜日(通年)と水曜(夏季期間のみ)
09:00~14:00
ヤギのミルク石鹸

プリンスエドワード島オリジナル
ヤギ乳石鹸(Goat Milk Soap)

 プリンスエドワード島のおみやげの中でも密かな人気なのがこのヤギ乳石鹸です。南海岸のビクトリアにあるSouth Shore Soaps社が自社のファームで製造。(Made in PEI) 文字通りヤギの乳を練り込んだ石鹸で、保湿力に優れ臭いもきつくなくお肌にもやさしいと評判です。
 デルタホテルズバイマリオット・プリンスエドワード内の「Chotto Shop」で1個6.95ドル(税別)で販売。こちらのお店ではアンツアーに参加したお客様で25ドル以上のショッピングをするとカナダ限定のキューピーをプレゼント。
 その他、人気の「Preserve Company」の紅茶やジャムも購入できます。お土産に最適でおすすめ。

グリーンゲイブルス博物館

インスタ映えするポイント 赤毛のアン博物館(Anne of Green Gables Museum)

 プリンスエドワード島北部のPark Cornerにある「赤毛のアン博物館」は小説「赤毛のアン」の中では銀の森屋敷として登場します(Silber Bush)
1911年7月5日 小説の作者ルーシー・モード・モンゴメリが実際にこの館の居間で結婚式を挙げました。使用されたオルガンや暖炉は当時のまま残されています。現在も世界中のモンゴメリのファンはここで結婚式を挙げることを夢見ています。
 その博物館のとなりにあるファームハウスの壁には大きく「ANNE OF GREEN GABLES MUSEUM」とペイントされていて、インスタ映えする写真スポットになっています。 手前には美しい輝く湖水もあり、マシューの馬車もここから出発します。 こちらの博物館は「アンツアー」でご案内します。

    
^