これが赤毛のアン カントリーディナー  ( フルコースメニュー )

プリンスエドワード島を訪れたら、旅の思い出に「赤毛のアン カントリーディナー」はいかが?

アンの時代から続くPEIの伝統的な料理を現代風に創作したディナーで、小説の中でも様々な場面で登場します。
前菜からデザートまでのフルコースディナーとなっています。
シャーロットタウンの人気レストラン 「グリフォン・ダイニングルーム」 にてお召し上がりいただけます。(要予約)

≪ 赤毛のアン カントリーディナー メニュー例 ≫

マリラのスコ―ン(ビスケット)とホームメイドジャム、ローズトビーフ、マスタードピクルスとトマトチャウ(伝統的なつけもの)、リンド夫人のチーズ、野菜の盛り合わせ。

「お菓子のほかは、何もかもすっかり用意ができたのよ、ダイアナ。お菓子は朝のうちにこしらえることになってるの。それからふくらし粉のビスケットは、お茶のすぐ前にマリラがつくるの。」

外がカリカリで中はふっくらとしたビスケットはホームメイドジャムでどうぞ。ピクルスも少し甘めの味付けで不思議な食感。魚の燻製とローストビーフも。


マシューのじゃがいもを使ったポテトチャウダー

「うちのおいもは今年とれもよくとれましてね。あなたのお父さんのおいもはどんなぐあいでしたの?」

さらっとしたスープにじゃがいもやコーンなどの具が盛りだくさんに入っている塩味ベースの野菜スープです。


ダイアナのいちご水(ラズベリーコーディアル)をイメージしたシャーベット

「あたし、赤い色の飲み物って大好きよ。あなんたは?ほかのどの色より倍もおいしい味がするわ」
ダイアナはコップになみなみとつぎ、その美しい赤い色を感心してながめながら、上品にすすった。
「これはすごくおいしいいちご水ね、アン。私、いちご水ってこんなにおいしいものだとは知らなかったわ」


濃厚スープのあとは甘味のものがほしくなります。甘酸っぱいラズベリーシャーベットでひと休み。ひんやりとします。


アンの大好きなローストチキン、伝統的な詰め物、クランベリーソース、グレービー、マッシュポテト、温野菜

アンが元気よく丘を駆けあがり台所に駆けこむと、テーブルの上には熱い夕食が待っていた。(略)
「ああ、帰ってきてうれしいわ」「マリラ、焼き鶏ね!まさかあたしのためにこさえたんじゃないでしょうね」


マッシュポテトの上にハーブを加えた詰め物のローストチキンがのっています。PEI特産のクランベリーの甘酸っぱいソースと塩味のあっさりソースがからみあって絶品です。


マリラのプラム・プディングにアンの大好きなアイスクリームを添えて
~ コーヒーまたは紅茶とともに ~

「ああマリラ、来週ね、日曜学校のピクニックがあるんですって- 『輝く湖水』のすぐそばの、ハーモン・アンドリュースさんの原っぱで。そして校長先生のベルさんの奥さんとリンドの小母さんがアイスクリームをつくるのですって- 考えてもごらんなさい、マリラ、アイスクリームよ。だからねえ、マリラ、行ってもいい?」

焼き菓子のような香ばしいプディングとバニラアイスにアンの好きなキャラメルソースとホワイトクリーム。


   

写真はすべてイメージ     季節により食材や盛り付けは異なります。     出展: 村岡花子訳  「赤毛のアン」より

   

♠プリンスエドワード島のパッケージツアー、ホテル、航空券、オプショナルツアーをお探しの場合はこちらをご覧下さい。
【ツアーのページへ】    【航空券のページへ】    【オプショナルツアーのページへ】    【ホテルのページへ】

ダンディーアームズインの外観

「ダンディーアームズ・イン」はシャーロットタウンのダウンタウンにアクセスのよい閑静な住宅地にある100年以上の歴史を誇るヘリテージインです。
1903年にクイーン・アン・リバイバル・マンションとして建築され、1956年までは州副知事であるJedediah carvellのビジネスオフィスであり、彼個人の邸宅でもありました。
その後、所有者が変り、1972年以降ホテルとして改装しオープン、今日に至っています。現在も建物の特徴やオリジナリティはその当時をしのばせるものとなっています。
ホテルの1階にある「グリフォン・ダイニングルーム」はシャーロットタウンでも屈指の人気レストランです。

     ダンディーアームズインの室内

本館とアネックスをあわせて全22室の「ダンディーアームズ・イン」はシャーロットタウンでは中規模ながら夏のシーズンにはほとんど満室になるほどの人気の高級イン。
ホテルは全館禁煙ポリシーです。ダウンタウンまでは徒歩5分と好ロケーション。

【ダンディーアームズに泊まるツアー】はこちらへ。

    
グリフォンダイニングルーム

「ダンディーアームズ・イン」の中にある「グリフォン・ダイニングルーム」はホテル自慢のファインダイニング。
ラウンジとダイニングルーム、そしてアウトドアのパティオと3つのエリアに分かれています。
ホテルの宿泊客はもちろん、食事を目的に来る方も多く常に賑わっています。お天気の良い日にはオープンエアのパティオでランチがおすすめ。夏のシーズンには予約が必要。1年中オープンしています。
ドレスコードは特にありません

・朝食:07:00~11:00(6月から9月まで)
・ブランチ:07:00~14:30 (土・日)
・ランチ:11:00~終了まで (ラウンジにて)
・ディナー:17:00~終了まで

赤毛のアン カントリーディナー

「赤毛のアン カントリーディナー」はグリフォン・ダイニングルームと現地旅行社PEI SELECT TOURSが共同で開発した特別オリジナルメニューです。通常のメニューにはございませんので事前に予約が必要です。
ご希望の場合はお問合せ下さい。

お一人様より予約できます。
  7,000円 (税・サービス料込)
お飲み物は含みません。追加注文された場合は、チップが必要となります。

  
♦住所
200 Pownal Street
Charlottetown PEI C1A3W8
♦TEL
1-902-892-2496
♦FAX
1-902-368-8532
♦地図
【こちらをご覧下さい】

(C)Copy right 2010 All right reserved by CrossRoad Inc